居住地の変更を迫られることがある

工場での仕事は施設内での製造や製品の仕分けなどが一般的ですが、場合によっては同じ会社が持つ別の工場へ転勤することがあります。管理職など他の社員をまとめる役職の人が転勤するのは珍しくありませんが、施設の増加や繁忙期などの理由でライン工などの作業員が転勤する可能性もあるのです。特に新規事業を立ち上げた会社は速やかに人員を確保する必要があることから、ある程度の経験を積んでいる作業員を転勤させるのが普通です。製造の現場で働いている人は転勤しないと言い切ることができないので、就職の際は転勤の有無を確認することが重要と言えるでしょう。転勤によって居住地の変更が必要になることもあるので、すぐに引っ越しができるように準備を済ませておくことも大切です。

転勤の拒否は解雇の理由になる

現在の職場の雰囲気に慣れているなどの理由で転勤を拒む人がいますが、就業規則で転勤に応じる義務が定められている会社では拒否したことを理由に解雇される可能性があります。転勤の拒否は会社が得られる利益を損なう業務違反行為と見なされるのが理由です。家庭の事情を理由に転勤を拒んでも正当な理由として認められることはほぼありません。転勤が会社の利益にならず、合理的な理由がないことを証明できれば拒否することも可能ですが、現実的な方法とは言えないのも事実です。そのため、転勤を命じられたら基本的には拒否ができず、それでも拒めば解雇される可能性があると考えて間違いありません。転勤を行いたくなければ最初から転勤がない会社を選ぶのが賢明でしょう。